「宇宙葬」はいかが-20万円以下で遺灰を打ち上げ開始

10月1日(ブルームバーグ):「故人は星になりました」。元NASAの技術者が始めた会社が、遺灰を人工衛星に乗せるサービスを1990ドル(19万6000円)で日本で開始する。「記念宇宙葬」というサービスで、遺灰の一部をカプセルへ納め、宇宙へ打ち上げる。カプセルは人工衛星に乗って地球の周回軌道に乗り、数カ月にわたり90分に一周の速さで地球を回る。家族や友人は、スマートフォンやタブレット向けの無料アプリで衛星の位置を確認できるという。元NASAの技術者トマ・シヴェ氏がサンフランシスコに今年設立したエリジウムスペースが1日、米国に続き日本でも受付を始めた。
続きを読む>>