20万円の格安「宇宙葬」を日本でも

元NASA技術者が提案する異色の「おくりかた」
蛯谷 敏
2013年10月22日
遺骨を宇宙に埋葬する「宇宙葬」というサービスをご存知だろうか。遺灰をアルミニウム製のカプセルにつめ、ロケットに積み込んで打ち上げる。地球の周回軌道を数カ月回った後、大気圏に突入して流れ星となる。こうした葬儀サービスを提供する会社は以前から存在したが、今年夏、米サンフランシスコに拠点を構えるベンチャーが、1990ドル(約20万円)と従来の半額以下の料金設定を打ち出し、話題を呼んだ。提供するのは、元米航空宇宙局(NASA)のエンジニア、トマス・シヴェ氏が創業したエリジウムスペース。10月1日からは日本でも予約の受け付けを開始した。シヴェ氏に、サービスの狙いと日本展開の理由を聞いた。
続きを読む>>